ボディキネシス®について

【ボディキネシス®(機能改善体操)とは】

機能改善をテーマに「自分の健康は自分で守る」「自分の身体は自分で整える」こんな想いを叶えてくれるのが、「ボディキネシス®(機能改善体操)」です。人間は四足歩行から直立二足歩行に進化しました。足で立って歩くようになったことで、2本の自由な手を獲得しました。ですがそれと同時に、各関節への負担や骨格の歪みが生じ、アンバランスな筋肉を享受することになったのです。機能改善体操を通して本来の自然で機能的な状態に身体を戻すことで、腰痛や膝痛、肩コリの解消、姿勢改善や呼吸の改善を目指します。そして、身体が楽に動きやすくなればきっと心も軽く元気になれるはずなのです。

【ボディキネシス®(機能改善体操)プログラム構成】

  1. ほぐし体操
  2. 体幹(コア)の安定化
  3. 全身の協調性

具体的には、心身をリラックスさせるため不必要な緊張を取り除く「ほぐし体操」や関節や筋肉を動かす準備のための「ダイナミックストレッチ」から始まります。さらに動きの軸となる「体幹(コア)の安定化」のエクササイズとパワフルに筋出力が高まるような「ストレングス」を行い、体操の最後は目的とした日常生活動作やスポーツ動作がスムーズに身体全体が連動して動けるように「全身の協調性」を図るエクササイズで構成されています。

【ボディキネシスの特徴】

  1. 場所を選ばず、家でも職場でも可能
  2. 子供から高齢者まで誰でもできる体操
  3. 身軽に・気軽に・手軽に簡単にできる体操
  4. スモールボールを使って体力レベルに合わせた運動強度設定が可能

【インストラクターから一言】

自ら動く(運動する)ことは自分に意識を向けることであり「動き」を生んでいる「考え(Thinking)」を変えていくことで、人間が本来持っている人としての基本的な機能を自分の身体で取り戻すことができます。身体の不確かなイメージを正確な身体情報に置き換えて動くことをボディキネシスを通して体験することができます。

【NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会について】

  http://www.ikinobi.org

(NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会HPより一部抜粋)