アレクサンダーテクニーク個人レッスン(実習生レッスン)の歩み

教師見習い仮免許期間中の個人レッスンも5人目の生徒さんとなりました。レッスンが楽しいと思える時もあれば、何を教えることができるのだろうと学びの淵を歩くこともしばしば。それでも10回分のレッスンで深いところまでいける経験もできているので、生徒さんには感謝です。

さて、個人レッスンの感想をいただいたり、その後どのように活用しているか知らせしてくれる生徒さんもいますので、少しずつご紹介していこうと思います。

Hさん、5〜6月にかけて個人レッスンを受講されました。Hさんはエアロビクスのトップインストラクターのお一人です。レッスンの中でツールを使ったムーブメントを行ないましたが、感覚的評価に頼らずどのように動くか、新しい指示の出し方を続けて動くと、明らかに見る者に対して訴えかける力が強くなりました。

ムーブメントの完成度が高いHさんのようなトップインストラクターが僅かな動きの違いを作り出すには思考の力によるところがとても大きいのです。それによって動きの質が大きく変わるのをこの目で見た時、人の動きはその人の考えで作られていることを実感します。そして、その思考やどのように考えたのかはその人のものであり、所有者であるというところまでも、認識させてもらえた貴重なレッスンでした。

Hさんがお仕事関係のSNS投稿で次のように記して下さいました。感謝!

『感じながら動くより、

自分の身体に指示を出し続けながら動く。

それにより、

その先の結果(動き)が変わります。

新たな領域にいくために、

知らない事を知る為に、

自分の身体に指示を出し続けてみよう。』